ホーム > 相続手続きサポート > 生前贈与の相談

生前贈与の相談

生前贈与をお考えの方へ 不動産やそのほかの資産等をご子息様など相続予定者へ亡くなる前に分け与える(贈与)ことをお考えの方は、一度ご相談ください。

生前贈与に関して、相続税対策で行う場合もあり、生前に相続予定者等に資産(財産)を贈与する事で、将来負担すべき税金(相続税)を抑える為に利用するケースがあります。

生前贈与など、まずは、お近くの専門家に現状をご相談する事をお勧めいたします。
 
  • 相続時の争いを抑えるため、譲りたい方・譲りたい物を確実に譲る事が可能
  • 相続の場合とは違い、自身が贈与したものがどのように利用されているのかを確認できる
  • 贈与の方法によっては、相続税対策の一環となるケースがある。
生前贈与のポイント
年間110万円超の贈与を受けると課税される

生前贈与を活用した相続税の対策の場合、110万円の基礎控除を最大限に利用することなどや、配偶者控除を利用する方法などがあります。
条件としては、婚姻期間が20年以上の配偶者からの贈与であることや、居住用不動産または、居住用不動産を取得する為の金銭の贈与であることが必要です。
2000万円までは、課税価格から控除できます。

年間贈与額が110万円を超えてしまう場合は、課税価格から贈与税の基礎控除額110万円を差し引いた金額に贈与税の税率をかけ、納付する贈与税の総額を計算することが可能です。
しかし、贈与を行う財産(資産)が不動産や非上場株などの場合には、基礎となるこちらの計算方法での課税価格の計算が厳しくなるため要注意です。

※税金のことを詳しく知りたい方は、お近くの税務署または税理士へご確認・ご相談ください。

 
基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10%
200万円~300万円 15% 10万円
300万円~400万円 20% 25万円
400万円~600万円 30% 65万円
600万円~1000万円 40% 125万円
1000万円~ 50% 225万円
京都市司法書士お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/18

京都市(上京区)の司法書士による
無料の離婚相談会を実施中!
まずはお電話にてご予約を。

詳しくはこちらへ

2012/05/16

京都で離婚相談を個別でご対応しております!
一人で悩まず、まずはお電話でご予約お待ちしております。

2012/01/01

新年あけましておめでとうございます。
本年度も司法書士井木事務所を何卒宜しくお願い致します。

アクセス

〒602-8026
京都府京都市上京区新町通椹木町上る春帯町224-2折坂ビル3F

営業時間9:00~20:00 / 事前ご予約で土・日・祝日、夜間ご対応させて頂きます。