ホーム > 相続手続きサポート > 不動産の名義変更

不動産の名義変更

不動産の名義変更 相続による名義変更は簡単に、低価格で行うことができます。後々のリスクを考えると、早めの名義変更をお勧めしております。
売買・贈与・財産分与などで、不動産(土地・建物)の所有権を取得した場合などは、所有権移転の登記(名義変更)をしなければなりません。
仮に登記をせずそのままにしておくと、第三者に対しての自己所有権が主張できなくなってしまいます。
司法書士は「不動産取引のスペシャリスト」である為、
後々の紛争を防ぐ為にも、契約書の作成から、所有権移転の登記手続きに至るまで、全力でサポートし、取引の安全をしっかりと守ります。
 
売買 近頃、家族間や友達同士の間で土地・建物の売買を行うケースが増加しているようです。
けれども、いくら気心が知れている人同士であっても、売買の取引にはしっかりとした手続きを踏まなければ色々な問題や不利益が発生しかねる場合があります。
不動産の売買取引には司法書士が立ち会い、当事者双方に対する本人確認や意思確認を徹底し、売買代金授受のチェックと所有権移転登記の手続きを責任もって行い、取引の総合的な安全性を守ります。
 
贈与税の問題 個人の間で行う売買では、自分たちで売買価格を決める事がほとんどだと思います。
その時に、売買価格が安すぎたり高すぎたりしてしまうと贈与税などの問題が生じる可能性が起こり、後日多額の贈与税を支払わなければならない場合があります。
 
同時履行の問題 不動産の売買取引は、基本、売買金の支払や不動産引き渡し・登記をほぼ同時に行います。
しかし、親族や友人など身近な人との取引きの場合は、「必要な書類がわからないから」や「後日の都合のよいときに」などと、登記だけその場でせず、後回しにしてしまうケースが最近よく見られます。
不動産登記が遅れれば、最悪のケースで、売買代金を支払ったのに所有権を失うといった恐れもある為、しっかりと注意する必要があります。
 
登録免許税の問題 不動産登記を行うには登録免許税という税金が課税されます。
だが、要件を満たしている居住用建物の売買に関しては、登録免許税の軽減措置を受ける事が可能。
この軽減措置を受けるために、別途市区町村の役所で証明書を発行してもらわないといけない為、支払う必要のない税金を支払うことになるケースもあります。
 
京都市司法書士お問い合わせ

新着情報

一覧を見る

2012/06/18

京都市(上京区)の司法書士による
無料の離婚相談会を実施中!
まずはお電話にてご予約を。

詳しくはこちらへ

2012/05/16

京都で離婚相談を個別でご対応しております!
一人で悩まず、まずはお電話でご予約お待ちしております。

2012/01/01

新年あけましておめでとうございます。
本年度も司法書士井木事務所を何卒宜しくお願い致します。

アクセス

〒602-8026
京都府京都市上京区新町通椹木町上る春帯町224-2折坂ビル3F

営業時間9:00~20:00 / 事前ご予約で土・日・祝日、夜間ご対応させて頂きます。